グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  コラム >  いったいどっちを向けばいい?腰痛がある時の寝方

いったいどっちを向けばいい?腰痛がある時の寝方


このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、目が覚めたらなんだか腰が痛い…という経験はありませんか?その原因は、あなたの寝る姿勢にあるかもしれません。腰痛がある時に、どっち向きで寝ればいいのかも悩みどころ。いつもの寝方が、腰痛を悪化させる原因になることもあります。正しい寝方をチェックして、つらい腰痛を少しでも和らげましょう。

ポイントは背骨のライン!なるべく真っすぐに

ポイントは背骨のライン!なるべく真っすぐに

ベッドに仰向けになった際、背中とマットレスとの間に隙間はありますか?マットレスが硬すぎる場合は、背中との間に隙間ができやすくなります。浮いている部分があると、腰やその周辺の骨や筋肉にかかる負担が大きくなってしまいます。

逆に、沈み過ぎるマットレスの場合は、寝る姿勢そのものが悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

仰向け・横向き、どの寝方でも背骨がなるべく真っすぐになる姿勢にすることが大切です。ベッドに寝た時にできる隙間は、クッションやタオルを使ってサポートするのもおすすめです。

腰痛に優しい寝方「横向き」

腰痛に優しい寝方「横向き」

腰痛だけに的を絞って言えば、最も優しい寝方は横向きです。横向きで寝る際に活躍するのが、クッションです。膝と膝の間に薄めのクッションを挟むと、腰と脚が水平の高さに近くなり、腰が楽に感じます。

横向きで寝る時は、エビをイメージして身体を少し丸めるのがポイントです。また、枕の高さも重要で、頚椎が真っすぐの状態になっているのが理想的です。首への負担を減らすことは寝る姿勢をより安定させて、寝返りの打ちやすさにもつながります。

リラックスできる寝方「仰向け」

体重を支える面積が大きい仰向けは、全身の筋肉の緊張が少ないため、最もリラックスできる寝方だと言われています。しかし、腰が痛い人の中には、足が真っすぐに伸びて引っ張られるのがつらいことがあります。そのような時は、タオルを細長く折って腰とマットレスの間に入れて隙間を埋めてみましょう。タオルの厚さは、隙間に合わせて調整すると良いです。

また、膝の下にクッションを入れると、腰が自然に伸びて楽に感じます。クッションは高すぎないものをお使いください。

うつ伏せで寝るのはNG

寝る時は、自分にとって楽な姿勢を探して、その形で寝るのが一番です。しかし、うつ伏せは腰に良くありません。頭を横に向けて寝るのは、首の根本にかなりの負担をかけてしまっています。また背骨をはじめ、その他の部分も歪ませてしまうおそれがあります。うつ伏せの姿勢は、腰痛だけでなく呼吸の問題や顎・歯並びなどにも悪い影響を与えるため、できるだけ控えましょう。

寝る時の姿勢を工夫してみませんか?クッションやタオルを活用して、リラックスできる体勢を見つけましょう。骨格の歪みが気になる方は、豊橋市にある加藤整体へご相談ください。湖西市からも通いやすい場所にある整体院です。丁寧なカウンセリングはもちろん、根本原因にアプローチできるのが強みです。

加藤整体は湖西市からもアクセスしやすい位置にあり、初めての方も大歓迎です。整体・骨格矯正・ストレッチなどのメニューをご用意していますので、湖西市周辺で整体を受けたいとお考えでしたら、ぜひ加藤整体をご利用ください。

湖西市からもアクセスしやすい整体院

店舗名 加藤整体
住所 〒441-3104 愛知県豊橋市雲谷町ノナカ45
TEL 0532-41-8884
URL https://www.katoseitai.com/