グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  コラム >  座りっぱなしで腰痛が!簡単にできるセルフストレッチ

座りっぱなしで腰痛が!簡単にできるセルフストレッチ


このエントリーをはてなブックマークに追加

デスクワークで、慢性の腰痛に悩む方は多くいらっしゃいます。たいして腰に負担がかかることはしていないのに、どうして腰痛になるのか不思議に感じている方もいるでしょう。整体院で施術を受ける他にも、ご自宅でできる簡単ストレッチを取り入れるのもおすすめです。こちらでは、腰痛を引き起こす原因についてご紹介します。

デスクワークでも腰に負担がかかる!?

デスクワークでも腰に負担がかかる!?

座って安静にしていると腰は楽な気がしますが、それは大きな間違いです。実は、立っている時よりも、座っている時の方が腰にかかる負担は大きいといわれています。

立っている時は、腰以外にもひざや股関節、足首などの関節がクッションの役割をしているため、負担が分散されています。座った状態で、さらに前かがみや猫背の姿勢になると、腰への負担がとても大きくなるのです。

まずは姿勢から見直そう!正しい座り方をマスター

まずは姿勢から見直そう!正しい座り方をマスター

ストレッチで腰を伸ばす前に、まずは腰痛予防の座り方をマスターしましょう。椅子に深く腰かけて腰を真っすぐ伸ばし、背もたれと背中の隙間をなるべくなくします。

膝の角度は90度くらいになるよう、椅子の高さを調整します。机とお腹の間は、こぶし1個分くらい(7~8cm)あけて座りましょう。座った状態で、真っすぐな背筋や骨盤を保つことが大切なポイントです。

ふくらはぎと背筋のセルフストレッチを!

長時間座ったままの作業は、筋肉が緊張します。ふくらはぎや背筋を伸ばして、緊張をほぐしましょう。ふくらはぎのストレッチ方法は、左右の足を前後にずらして立ち、前に体重をかけて後ろの足のふくらはぎを伸ばします。20~30秒間その姿勢をキープするのを、左右それぞれ行います。

背筋のストレッチは、足を肩幅に開き両手を机に置きます。上半身を前に倒し、背中や腰、肩の筋肉がしっかり伸びていることを意識しながら、20~30秒間キープします。

猫背で長時間座り続けると、腰への負担は大きくなります。セルフストレッチや入浴などを取り入れるのもいいですが、どうしても辛い時は豊橋市に店舗を構える加藤整体にご相談ください。加藤整体は、時間をかけたカウンセリングはもちろん、根本原因に徹底アプローチができる整体院です。

施術室は開放的な空間ですので、リラックスして施術を受けていただけます。豊橋市にお住まいの方をはじめ、豊橋市で整体院をお探しの方は、お気軽にご利用ください。

豊橋市で整体院をお探しの方へ

店舗名 加藤整体
住所 〒441-3104 愛知県豊橋市雲谷町ノナカ45
TEL 0532-41-8884
URL https://www.katoseitai.com/